鳥栖市上下水道局職員による工事架空発注問題を検証していた第三者委員会「鳥栖市上下水道局職員架空発注等検証委員会」(委員長・奥田律雄弁護士、3人)は、市の内部調査を「適切」とする報告書をまとめた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加