横断旗を手渡すJA共済連佐賀の吉武博文副本部長(右)と受け取る県交通安全協会の坂井邦夫会長=佐賀市のグランデはがくれ

 子どもたちの登下校の安全を見守る活動に役立ててもらおうと、JA共済連佐賀は、横断旗900本を県交通安全協会に寄贈した。県内各地区の交通安全協会に配布される。

 JA共済連佐賀は2008年度から、同協会に寄贈を続けており、これまでに横断旗8900本、反射ベスト2870着を贈った。今回寄贈した横断旗は、大きな音が出るホイッスル付きで、下校時の夕方でも目立つように光が点灯する。

 5日に佐賀市のグランデはがくれで行われた贈呈式では、JA共済連佐賀の吉武博文副本部長から同協会の坂井邦夫会長に横断旗が手渡された。坂井会長は、横断中の事故が多発していることに触れ「子どもたちや地域の方々の交通安全に利用していきたい」とお礼を述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加