佐賀県は新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受ける中小企業・小規模企業者に対し、県制度金融の「経営改善資金」の融資限度額を5千万円から8千万円に引き上げた。売り上げの落ち込みが著しいなど国の「セーフティネット保証」の条件を満たせば、保証料率も県が全額負担する。

 運転資金が対象で、限度額は8千万円、貸付利率は年1・3%。

 通常は保証料率として年0・6%以内が必要だが、最近1カ月間の売上高または販売量が前年同月に比べ2割以上減少するなどしている場合は免除し、県が全額を負担する。宿泊業、飲食業など、特に影響が大きいと考えられる業種は、最近3カ月間の売上高が前年同期比5%以上の減少が要件になる。市町によるセーフティネット保証の認定証が必要になる。

 申し込みは最寄りの商工会議所、商工会、金融機関で受け付ける。問い合わせは県信用保証協会、電話0952(24)4342。

このエントリーをはてなブックマークに追加