バドミントンの全英オープン(11日開幕・バーミンガム)に臨む日本代表が8日、羽田空港で出発前に取材に応じた。新型コロナウイルス感染拡大に伴う渡航情勢を考慮し、海外での大会に出場できないリスクを避けるため4月下旬まで帰国しない。男子ダブルスの園田啓悟、嘉村健士(唐津市出身、トナミ運輸)組の嘉村は「大会に出られるなら、少しでも元気を与えられるような結果を出したい」と決意を示した。

 当初全英オープン後に帰国する予定だったが、大会後は英国に残って調整し、今月下旬のインド・オープン後もマレーシアでの合宿を予定するなど異例の措置を取る。東京五輪出場を懸けたレースの最終戦となる4月21日開幕のアジア選手権(マニラ)まで約50日間の長期遠征となる。日本代表の朴柱奉ヘッドコーチは「五輪に向けた最後の勝負の時期」と決断した理由を説明した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加