大正時代に作られた貴重なひな人形などが並ぶ「ひな人形と郷土人形」展が佐賀市の山口亮一旧宅で開かれている。昭和天皇が皇太子時代に、ご成婚を祝って作られた「奉祝雛(ほうしゅくびな)」などを展示する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加