県内4カ所、対応協議 佐賀土木事務所による県道佐賀外環状線工事で、遺跡がある「埋蔵文化財包蔵地」を開発する場合に義務付けられた教育委員会への事前通知を怠り、必要な確認調査をしないまま工事を実施していたことが19日、分かった。