バスや列車での移動が困難な「交通空白地域」について、佐賀県内の各自治体で捉え方に違いがあることが、全20市町を対象にした佐賀新聞社の公共交通関連のアンケート調査で分かった。停留所や駅からの距離の基準を設ける市町や、乗り合いタクシーを通じて空白地域をなくしたとする事例があった。