児童が手書きした感謝状を受け取ったレナトゥスの江口秀敏社長(中央)。山本春文校長(左)、口石洋一郎佐賀銀行鳥栖支店長も参加した=鳥栖市の若葉小

 鳥栖市のリネンサプライ、クリーニング業のレナトゥス(江口秀敏社長)と佐賀銀行は、同行のCSR私募債「地域の芽・育む債」を通じて、鳥栖市の若葉小(山本春文校長)に教育図書用の本棚4台を贈った。

 CSR私募債は、企業が発行した社債を同行が引き受け、発行額の0・2%相当額の教育関連備品を学校などに寄付する。

 若葉小であった贈呈式で江口社長は「私の子どももお世話になり、地元の小学校へ寄贈できてよかった。これからも学校生活を楽しんで」とあいさつ。「私たちは本が大好き。本棚をたくさんくださり、ありがとうございます」と児童代表が述べ、手書きの感謝状を贈った。

このエントリーをはてなブックマークに追加