旅客機の窓から望む有明海のノリ漁場。左奥は佐賀空港=佐賀市川副町沖

 佐賀空港に向けて高度を下げた旅客機から外を眺めると、模様を描くようにノリ漁場が広がっていた。佐賀市川副町沖の有明海。黒々としたノリと青い海が見事なコントラストを描き、窓越しにシャッターを切った。

 徹底した集団管理で、県産ノリは昨季まで16季連続で日本一の生産量・販売額を誇る。今季のノリ養殖の漁期も終盤を迎えた。生産は順調で、これまでに開かれた入札会の販売実績から17季連続も見えてきた。

 以前、収穫風景を取材した際に「今年の目標も日本一ですよね」と漁業者に尋ねると「規模が日本一だから、当たり前だろ」と笑われた。上空からの雄大な景色にその言葉を思い出した。

このエントリーをはてなブックマークに追加