佐賀県沖西南部の有明海で養殖ノリに赤潮で色落ち被害が出ていることを受け、山口祥義知事は19日、漁場を視察した。漁業者が赤潮長期化の要因と指摘する国営諫早湾干拓(長崎県諫早市)の北部排水門からの大量排水について、排水方法を改善するよう管理者の長崎県に要請する考えを示した。