キンカンの箱をデザインした(左から)副島杏奈さん、木須野都華さん、野田あかねさん

 有田町のふるさと納税(のうぜい)の返礼品となるキンカンのパッケージに、有田工高3年の3人のデザインが採用(さいよう)されました。生産現場(げんば)に出向き、町担当(たんとう)者や農家とのやりとりを経(へ)て、「キンカンのおいしさが伝わるように、文字の形や色使いを工夫(くふう)した」といいます。
 3人はデザイン科の木須(きす)野都華(のどか)さん(伊万里市)、野田(のだ)あかねさん(有田町)、副島(そえじま)杏奈(あんな)さん(多久市)で、卒業制作(せいさく)の課題研究として取り組みました。
 町特産のキンカンは、JA伊万里では伊万里市産とともに「伊万里きんかん」として流通。同町ふるさと納税の返礼品の箱も「伊万里きんかん」と書かれ、「有田町なのになぜ?」と思われることがありました。町農林課から学校側に1年前、有田産と分かるデザインの依頼(いらい)があり、3人が担当することになりました。
 初夏から取(と)り掛(か)かり、ハウスで間引きを手伝ったり、加工品を食べたりしてイメージをつかみ、「若(わか)い人が興味(きょうみ)を持ってもらえるように」など農家の要望も踏(ふ)まえて試行錯誤(しこうさくご)しました。
 パッケージは、大きく黄色やオレンジの果実と緑の葉を配置。丸みのある書体で「佐賀県有田町」と「甘熟(かんじゅく)きんかん」と記し、完熟(かんじゅく)で甘(あま)いことを「甘熟」の造語(ぞうご)で強調し、文字の一部を果実や葉で表現(ひょうげん)しました。(3月1日付17面)

このエントリーをはてなブックマークに追加