最優秀賞の表彰状などを受け取る公門遥太さん(中央)と岡あゆみさん(右)=佐賀市の諸富中

 環境(かんきょう)に優(やさ)しい活動に取り組む学校をたたえる「佐賀市学校版(ばん)環境ISO活動」の最優秀賞(さいゆうしゅうしょう)に、同市諸富町の諸富中が輝(かがや)き、2月26日に同校で表彰(ひょうしょう)式が開かれました。
 同活動は環境に優しい学校づくりを目的に2002年から始まり、表彰は14年から実施(じっし)。中学校で最優秀賞を受賞したのは初めてで、同校は諸富家具の廃材(はいざい)を使った分別ごみ箱を製作(せいさく)して校内で活用しているほか、節水や節電などの取り組みが評価(ひょうか)されました。
 表彰式では、市学校教育課の松島(まつしま)正和(まさかず)課長が「小さな積み重ねが大きな活動につながる。これからも継続(けいぞく)してほしい」と話し、生徒に表彰状(ひょうしょうじょう)とトロフィーを手(て)渡(わた)しました。清掃(せいそう)活動と環境活動に取り組む整美委員長の公門(くもん)遥太(はるた)さんと副委員長の岡(おか)あゆみさん=共に3年生=は「高く評価されてうれしい。環境に優しい学校づくりを続けていきたい」とお礼の言葉を述(の)べました。優秀(ゆうしゅう)賞には高木瀬小と西川副小の2校が選ばれました。(2月27日付17面)

このエントリーをはてなブックマークに追加