鳥栖市域では江戸時代、宝満川を加利川、筑後川を大川・境川とも呼んでいました。元禄11(1698)年10月、宝満川に関連した対馬藩田代領と久留米藩荒瀬村との間に紛争(川論)が起きました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加