The Woodys Kiyamaの運営メンバー。左が代表の牟田康次さん

 県の助成を受けて森林再生に取り組む基山町の「The Woodys Kiyama(ウッディーズキヤマ)」がこの春、活動開始から1周年を迎える。

 年会費制で再生拠点を開放し、間伐体験イベントなどを行いながら、有志参加型の森林再生に取り組んでいる。新年度の参加希望者はすでに30人以上。学生は無料、親子でも参加できる。

 保育園のパパ友でもある運営メンバー3人は「自然体験好きにとって、手つかずの森は格好の遊び場。木工DIY、たき火やツリーハウス、キノコ栽培など楽しみ方は無限」と口をそろえる。代表の牟田康次さん(40)は「林業で生計を立てるのが難しい地形でも成立する、一般参加型の森林再生ノウハウを確立したい」と意気込む。

 問い合わせは同事務局のメール、thewoodyskiyama@gmail.com (地域リポーター・江藤裕子=基山町)

このエントリーをはてなブックマークに追加