独立美術協会の会員7人によるグループ展「七人力」福岡展が福岡市で開かれている。北島治樹さん(70)=佐賀市=ら、同協会を代表する抽象画家が、はがき大から30号まで約40点を出品。切磋琢磨(せっさたくま)しながら、それぞれの抽象表現を追求する実力者の独創性と発想力が競演する。

 山里を題材に創作を続ける北島さんは「遠ざかる峰」「山里にて」「静かな朝」など、晩秋から春先にかけての静かで落ち着いた山の情景をイメージした作品を並べる。

 ほかに浅見千鶴さん、五十里(いかり)雅子さん、結城康太朗さん(いずれも東京都)、大久保宏美さん(神奈川県)、浜松繁雄さん(千葉県)、廣田政生さん(京都府)が出品している。

 ▼福岡市中央区天神の新天町村岡屋ギャラリーで8日まで。問い合わせは北島さん、電話090(4514)2935。

このエントリーをはてなブックマークに追加