佐賀市赤松町のちゃんぽん専門店「池田屋」が4月から、カレーのメニューを一新します。スパイスの量で辛さを選べるようになるほか、トッピングも充実させる計画で、佐賀牛を使うメニューや温野菜などを考えています。子どもでも食べられる甘口も新たにつくります。

 提供の方法も見直します。従来カレーは皿で提供してきましたが、スキレット鍋に変更し時間が経っても熱々の状態で味わえるようになります。

 ゆくゆくは夜の営業をカレー店に切り替える計画です。サラリーマンなどが中心の昼営業と違い、夜は女性や家族連れなども多いことから、池田遊店長は「夜カフェのようにゆっくり過ごせる場所を提供したいと考えた」と話しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加