九州新幹線長崎ルートの未着工区間(新鳥栖-武雄温泉)の整備方式を巡り、佐賀県議会の自民党県議団が山口祥義知事に対し、国土交通省から要請されている「幅広い協議」に速やかに応じるよう求める申し入れを検討していることが5日、分かった。長崎ルートに関し、自民県議団が意思を形にして示すのは初めてとなる。