嬉野市は新年度から、妊娠しても流産を繰り返し出産に至らない「不育症」の治療費を助成する。補助額は30万円が上限で、専門医からの診断を受けて治療した市内の女性が対象。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加