嬉野市は新年度から、妊娠しても流産を繰り返し出産に至らない「不育症」の治療費を助成する。補助額は30万円が上限で、専門医からの診断を受けて治療した市内の女性が対象。来年度の一般会計当初予算案に関連事業費30万円を盛り込んだ。県内の自治体で初めて。