日本高野連の発表を受け、佐賀県高校野球連盟の吉冨壽泰理事長は「球児の気持ちと、新型コロナウイルス感染拡大の現状を考えると、非常に難しい判断だと思う」と受け止め、11日の開催可否の最終判断について、「多くの人の意見を聞いてもらい、話をしっかりとまとめてほしい」と話した。

 開幕を21日に控えている第146回九州地区高校野球佐賀大会の開催可否については、「(日本高野連の判断が)一つの参考材料になる」とした。

このエントリーをはてなブックマークに追加