九州電力が玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)に建設するテロ対策施設「特定重大事故等対処施設(特重施設)」について、原子力規制委員会は4日、緊急時制御室が入る新たな建屋など一部の工事計画を認可した。今回の認可で建屋の工事に着手できるようになり、時期について九電は「準備が整い次第」としている。