昨年の有田陶器市会場

 新型コロナウイルスによる肺炎が拡大する中、ゴールデンウイーク中に西松浦郡有田町で開かれる全国有数の焼き物市「有田陶器市」について、松尾佳昭町長は3日、「町にとって一番大きな経済活動。主催者の有田商工会議所と協議したいが、町長として現時点ではやりたいという決意でいる」と開催を希望する意向を示した。

 同日開会した町議会の一般質問で答えた。松尾町長は、新型肺炎の状況について「日々刻々と状況は変化しており、(開催可否は)その時々の判断になると思う」とした上で、「陶器市をやるかやらないかで税収が変わってくる」と町財政への打撃を懸念。「町民にとっての身の安全も大事だと重々理解しているが、町長としてやりたい思いが現時点では強くある」と答弁した。

このエントリーをはてなブックマークに追加