1984年のロサンゼルス五輪。走り高跳びの選手として日の丸を背負った鳥栖市原町の森田久代さん(60)=旧姓・福光=は、観衆で埋め尽くされたスタジアムの光景に胸が躍った。「こんな中で試合ができるなんて。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加