新型コロナウイルスの感染拡大で、政府が要請した2日からの臨時休校に対し、佐賀県立の中高、特別支援学校の休校開始を1日遅らせた県の対応について山口祥義知事は「現場の混乱を少しでも抑えることや子どもたちに時間をあげたいと思い切った」と述べた。

 八谷克幸議員(自民)が2日の一般質問で見解を尋ねた。知事は「一晩しか考える時間がなかった」とし、学校現場の対応が可能かどうかや、突然休みを告げられた子どもの気持ち、共働き世帯への配慮で「思案を巡らせた」と述べた。

 保護者が医療従事者の場合、仕事を休むことでウイルス対応に必要な機能を維持できない可能性がある点や、特別支援学校を完全に閉校にすれば児童生徒や保護者に不安を与えるとして、学校でも受け入れる環境を整えたと説明、「日常生活を可能な限り、普段通り行えるようにしっかりと取り組む」と強調した。

 川久保美起子健康福祉部長は、県内で感染者が確認された場合の情報公開に関して「県民の不安解消と感染拡大防止のために必要な情報は原則公開」との方針を示しつつ、「個別の事例ごとに慎重に判断する」と説明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加