三養基郡みやき町議会の古賀秀実議員(74)=4期、簑原=が2月28日に辞職願を提出し、町議会が同日の臨時議会で賛成多数で許可した。古賀議員は「体調不安が理由」と説明している。補欠選挙は来春の町長選と併せて実施される見通しで、定数16の町議会は当面、欠員1となる。

 議長や副議長を選出した臨時議会で古賀議員は議長に立候補したが、落選し、その後に辞職願を議長に提出した。議会開会中だったため全員協議会を開いた上で採決し、辞職を認めた。古賀議員は取材に対し、辞職理由について「体調に不安があり、このまま続けていても議会に迷惑を掛けると思った」と話した。

 町選挙管理委員会によると、直近の町議選が2018年2月だったため、繰り上げ当選はない。欠員数が公選法に定められた定数の6分の1を超えないことから単独での補選はせず、来春の町長選と併せて実施する考え。

このエントリーをはてなブックマークに追加