2月1、2日にオーストラリアで開かれたワールドラグビーセブンズシリーズ第5戦。7月24日の東京五輪開幕まで半年を切り、ラグビー女子7人制日本代表のメンバー選考も大詰めを迎える中、日体大4年の堤ほの花(22)=嬉野市出身、佐賀工高卒=は、この大会で初めて代表のキャプテンを任された。

 「たまたまですよ」。本人は謙遜するが、重要な時期にチームの「顔」に選ばれたことは、代表に欠かせないことの何よりの証明だった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加