納豆の健康効果を町ぐるみで立証しようと、江北町は2月27日、加工食品の開発を進める「そのもの」(本社・福岡市)と、町内の農家による「江北町有機研究会」の3者で連携協定を結んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加