鈴木知広警務部長(左)から目録を受け取る佐賀ボイスの田口香津子理事長=佐賀市の県警本部

 被害者支援団体に財政的な支援をしようと、佐賀県警は2月28日、佐賀市の認定NPO法人「被害者支援ネットワーク佐賀VOISS(ボイス)」に県警職員の有志から募った賛助金約50万円を贈った。

 佐賀ボイスは犯罪被害者やその家族を対象に、電話相談や裁判所への付き添いを行ったり、犯罪被害者による講演会を開いたりするなど、幅広い活動を続けている。今年は発足から20年目を迎えている。

 贈呈式では、鈴木知広警務部長から佐賀ボイスの田口香津子理事長(60)に目録が手渡された。田口理事長は「広報や支援活動に役立てたい」と述べた上で、「支援者や関係機関の思いではなく、被害者が何を望んでいるかを聞き取って、当事者目線の支援ができたら」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加