近年問題になっている子どものオンラインゲームでの「課金トラブル」。ある日突然高額の請求が来て驚くことがないように、日頃からゲームの仕組みやスマホの使い方について子どもと話しておくことが大切です。

 オンラインゲームでアイテムなどを繰り返し購入し、高額な請求が来てしまう「課金トラブル」。2018年度は佐賀県消費生活センターに10件(うち未成年者は5件)のオンラインゲームに関する相談が寄せられ、19年度はさらに増加傾向にあります。子どもの課金トラブルを防ぐために、あらためて注意点を確認しておきましょう。

◎トラブルを防ぐポイント

  • 子どもが遊んでいるゲームの機器や仕組み、無料か有料か、決済の方法などを確認する。

  • 子どもが勝手に保護者のクレジットカードを使用しないように、管理を徹底する。また、利用明細は必ず毎月確認する。

  • スマホなどで一度でもクレジットカードを利用すると、登録した情報がそのまま保存される場合が多い。そのままだと子どもでも簡単に利用できてしまうので、カード情報の保存の有無や状況を確認しておく。

  • 子どもにスマホを持たせる場合は、「フィルタリング」や「ペアレンタルコントロール」などの機能を使ってインターネットの利用を管理する。

 

それでも高額の請求が来てしまった場合は?

 カードの利用明細やスマホの通信料金などをチェックして覚えのない高額請求があった場合は、すぐに「消費者ホットライン」に相談を。

「消費者ホットライン」

 TEL 局番なし 188(いやや!)

   

【問い合わせ】
佐賀県 消費生活センター
電話 0952-24-0999

このエントリーをはてなブックマークに追加