東京五輪男子代表の残り1枠を争う東京マラソンは1日、東京都庁前から東京駅前のコースで行われ、大迫傑(ナイキ)が2時間5分29秒の日本新記録で4位に入り、代表入りを有力にした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加