長崎県壱岐市沖でイカ釣り漁船と衝突した遊漁船の2人が死亡した事故で、壱岐海上保安署は1日、見張りが不十分だったとして、業務上過失致死傷容疑などで、イカ釣り漁船を操船していた男(56)を逮捕した。

このエントリーをはてなブックマークに追加