西武の松本は先発予定だったオープン戦が雨で中止となり、3月1日の試合にスライド登板することになった。調整は難しくなるが、60~70球が目安となる登板に向け「開幕でしっかり戦力となれるよう、調整というよりチャレンジする気持ちを持って投げたい」と意気込んだ。

 1年目の昨季は7勝を挙げたものの、長い回を投げられない試合が多かった。「変化球でカウントを取り、ストライク先行でいけたら」と球数を抑える投球を思い描き、「結果より内容。打たれても勉強になることはある」と話した。

 チームは翌日の長崎県営球場での試合に備え、嬉野市で調整した。

このエントリーをはてなブックマークに追加