朱書きの「開催中止」の紙が重ね貼りされた合同企業説明会のチラシ=佐賀市の佐賀大学キャリアセンター

 2021年春に卒業予定の大学3年生らを対象にした会社説明会は3月1日に解禁され、佐賀県内も就職活動が本格的にスタートする。今年は新型コロナウイルスの感染拡大で就職情報サイト「リクナビ」「マイナビ」が福岡や佐賀で予定していた合同企業説明会の中止を相次ぎ発表。企業にとっては学生を、学生にとっては会社を知り、見極める機会が例年より限られる。“前例なき就職戦線”に戸惑いが漏れる。

 佐賀市の佐賀大本庄キャンパスからは2日朝、福岡市で開かれるマイナビの合同会社説明会行きのバスが出る予定だった。マイナビは2月26日、3月前半の主催イベントの中止を発表。佐賀の学生は3月2、3日に福岡市で、4日に佐賀市で予定された同社の合同会社説明会に参加できなくなった。県人事委員会事務局も2月28日、3月11、17日に開催予定だった説明会などの中止を決めた。

 佐賀大経済学部3年の山本純加さん(21)は、予定していた福岡での合同説明会が中止になったほか、興味が持てる会社を10~15社見つけていたが「個別の説明会も半数は中止になった」。先輩からは「3月になったら毎日説明会に行っていた」と聞いていたが、「当てが外れてしまった」。面談の機会が限られ「今年はインターンシップで訪問した学生が優先して採用されるのではないか」と焦りも募る。

 昨年11月からインターンシップに参加するなどして企業研究を進めてきた佐賀大芸術地域デザイン学部3年の女子学生(21)は「仕事は外から見ているだけでは分からず、実際に会って話を聞くことの大切さを実感してきた。それだけに合同説明会の中止という今回の事態に、どうしよう…と友人とも話している」と困惑する。

 佐賀大キャリアセンターの羽石寛志センター長は「企業説明会の中止よりも、学生が直接企業に触れる機会が減ることの方が痛い」と指摘。「企業をよく知らないまま学生が就職先を決めてしまえば、ミスマッチが起きてしまう。何か代わりの機会がつくれないか検討したい」と話す。

 建設業の人事担当者は「大学内のセミナーの中止が相次ぎ、毎日状況が変化している」と混乱ぶりを吐露、「ITを使った面接も検討しているが、実際に会って一緒に働いてくれる人を選びたいのが本音」と漏らす。別の企業の担当者は「人手不足が深刻化する中での説明会中止は正直、頭が痛い」と嘆く。人が多く集まる場所への参加に“自粛”要請が続いていることから「学生は大手を中心に絞った就職活動を展開するだろう。多くの人に社の魅力を知ってもらいたいと自社での説明会も企画しているが、中小企業は圧倒的に不利」とため息をついた。

このエントリーをはてなブックマークに追加