佐賀県教育委員会は、八つの県立特別支援学校の臨時休校に伴う対応で、保護者が仕事を休めない場合や児童生徒だけで自宅で過ごすことができない場合、学校で受け入れるとした。

 2日に改めて保護者の意向を集約し、対応を詰める。登校する児童生徒には給食を提供したい考えだが、休校の決定を受けて食材をキャンセルした学校が多く、今後対応が可能かどうかを調整する。

 特別支援学校の児童生徒は、保護者が学校に送り届けた後、施設の放課後等デイサービスも受けているケースがある。このサービスを終日に延長できる場合もある。

このエントリーをはてなブックマークに追加