「春と秋の『川を愛する週間』の河川清掃は、うちの班ではもうできない」。佐賀市の男性(69)から佐賀新聞に投書が寄せられた。少子高齢化による担い手不足が背景にあると考えられるが、実情はどうなのか。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加