新型コロナウイルス感染拡大による不測の事態に備え、鳥栖市議会は28日、3月議会の日程を組み替えて、市民生活に直結している2020年度予算案の審議を先に行った後で、一般質問を行うことを決めた。通常は一般質問後に議案を審議している。3月2日開会、24日閉会とする会期は変更しない。急きょ28日に開いた議会運営委員会で決めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加