1950(昭和25)年2月13日は、冷たい北風が吹く寒い朝だった。午前8時すぎ、筑後川東岸のみやき町天建寺地区に日常を切り裂くように半鐘がけたたましく鳴り響いた。 「何が起きたのか」―。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加