中学生コースで、グランプリと横山幸雄賞を受賞した東原庠舎中央校の武富侑ノ介君=福岡市の福岡女学院ギール記念講堂

 第7回九州新聞社ピアノコンクールの本選が23、24の両日、福岡市の福岡女学院ギール記念講堂で開かれた。予選を通過した幼児から一般が出演し、演奏を披露した。多久市の東原庠舎(とうげんしょうしゃ)中央校7年(中学1年)の武富侑ノ介君が中学生コースでグランプリに輝いた。武富君は横山幸雄賞も受賞した。

 コンクールは「課題曲」「自由曲」「デュオ」の3部門と年齢ごとに分けた13コースで実施。本選には2次予選を通過した158人が出演し、グランプリには15人が輝いた。本選の入賞者は、4月19日に佐賀市のエスプラッツホールで開かれる受賞者記念コンサートに出演できる。ゲスト審査員を務めたピアニスト横山幸雄さんが選ぶ「横山幸雄賞」は38人が選ばれた。

 ほかの各コースのグランプリ受賞者は次の通り(敬称略)。

 幼児A 塚原匠駿(福岡市・自由ヶ丘幼稚園)▽幼児B 樋口瑠風(大野城市・月の浦幼稚園)▽小学1・2課題曲 花島汐音(多久市・東原庠舎中央校)松本菜波(鳥栖市・旭小)▽小学3・4課題曲 深山颯奎(多久市・東原庠舎中央校)田中美裕(佐賀市・鍋島小)▽小学5・6課題曲 野田楓(福岡市・住吉小)▽小学1・2自由曲 酒井将吾(福岡市・リンデンホールスクール小学部)▽小学3・4自由曲 福田梓紗(那珂川市・安徳南小)▽小学5・6自由曲 鈴木碧(春日市・春日原小)▽中学生 武富侑ノ介(多久市・東原庠舎中央校)▽高校生 田中清馨(太宰府市・福岡第一高)▽大学生 金ヶ江梨紗子(長崎市・長崎大)▽デュオB 植田由起(宗像市・自由ヶ丘小)木下彩音(宗像市・河東西小)

このエントリーをはてなブックマークに追加