・もう少し早い時期、2月中旬ぐらいから検討会議をスタートして、環境を整えたほうがよかった。サポート面の情報がないままの発表は唐突な印象を与えた。(白石町・50代男性)
・突厥の部分や経済・流通の手当をした後に!との議論もありますが、戦後最大の危機です。人類はパンデミックを経験しており、14世紀のペストに似てきている。オーバートリアージで行かないと、逆に大変な事態となる。(伊万里市・50代男性)
・それぞれ、様々な機関、立場に対して、あまりにも雑な要請であると感じる。保育園は通常通りというのも、小さい命をどうとらえているのか、疑問を感じる。(多久市・40代男性)
・あまりにも急で準備期間(猶予)もなかった。子供たちもかわいそうだし、関係者をただ振り回しているだけのよう。(佐賀市・30代女性)
・当然だと思うし、中国人韓国人の流入もとめるべき(佐賀市・40代男性)
・早い決断だったと思います。(佐賀市・40代男性)
・感染拡大防止が今の対策である。授業時間や学力低下も課題ではあるが、子どもの健康が第一に考え、臨時休校は仕方がないとしか言えない。(有田町・20代男性)
・問題は様々あるものの人命が第一。学校に蔓延した後に休校にしても後手に回った。問題が起きてからしか対応しない。など非難はあると思う。(みやき町・40代男性)
・理解は示すが、発表があまりにも唐突すぎる。・児童、生徒に対する精神的・心理的負担はどの程度考慮されたのか?
・学校が休校になることで保護者が受ける影響、特に経済的に厳しい家庭への対応が見えない
・経済活動はそのままで、学校教育だけ停止するという矛盾、さらに放課後子ども教室や日中の教室開放を認めるなど、学校教育を停止した意味が全くわからない1週間や数日の猶予があっただけでも違ったはずである。また、来週には入試や卒業式が控えていた地域も多かったはずであり、それらに対する影響を無視して決断されたとしか思えない。(佐賀県外・20代男性)
・臨時休校要請自体は効果的な判断と考えるが、周知・準備期間が皆無に等しく、実際に対応する学校現場のことや低学年児童の共働き世帯、ひとり親世帯への配慮に欠けており、要請後の政府対応についても後手後手感が否めない。要請に伴う懸念事項への対策案を示し、周知・準備期間を経てから要請すべきだった。(佐賀市・30代男性)

このエントリーをはてなブックマークに追加