来年の元日は、「うるう秒」で1秒長くなる。地球の自転と標準時とのずれを調整するため、午前8時59分59秒と9時00分00秒の間に「8時59分60秒」が挿入される。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加