2019年に日本国内で宿泊した外国人旅行者は前年比7・6%増の延べ1億143万人(速報値)で、初めて1億人を超えた。観光庁が28日発表の宿泊旅行統計で明らかにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加