梶山弘志経済産業相は28日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大に伴う中小企業や小規模事業者の資金繰り支援を強化すると発表した。金融機関からの融資限度額が2倍になる「セーフティネット保証制度」について、3月2日から全ての都道府県を対象地域にすると述べた。

 同制度は地震や台風などの突発的な自然災害に伴う事業者への資金供給を円滑にするためのもの。今回の新型コロナウイルスも対象となり、月間売上高が前年同月に比べて2割以上減少していることなどが適用条件となる。業種を問わず活用できるが、旅館業や飲食店などの利用が想定される。【共同】

 

<経済産業省の支援策>ホームページはこちら
https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html

このエントリーをはてなブックマークに追加