東日本大震災の東京電力福島第1原発事故に焦点を当てた映画「Fukushima50(フクシマフィフティ)」で主役を務めた佐藤浩市や萩原聖人、若松節朗監督が、作品PRのため、福岡市を訪れた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加