九州新幹線長崎ルート新鳥栖-武雄温泉間の整備方式見直しに関する見解を、インタビューで示した与党検討委員会の山本幸三委員長=東京都内

 九州新幹線長崎ルートの未着工区間(新鳥栖―武雄温泉)の整備方式見直しで、「フル規格が適当」という結論を示した与党検討委員会の山本幸三委員長(自民党)が佐賀新聞社のインタビューに応じ、フル規格で整備する場合の佐賀県の負担軽減について「提案があれば最大限努力する。場合によっては法改正もしようと思っている」と述べた。フリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)断念の経緯を「国に責任がある」として、国の支出を増やして県負担を軽減する根拠になるとの考えも示した。

 整備方式に絡んで与党検討委は、佐賀県など関係者との協議を国土交通省に要請し、国交省と県は事務レベルで調整を続けている。山本氏は、フル規格で整備した場合の佐賀県の財政負担に関し「県から提案があれば、さまざまな検討ができる。そのためにも国との協議に入るべきだ」と協議入りを強く求めた。

 財政負担軽減の具体的なイメージについては「FGT断念は国の責任」と話し、この特殊事情を根拠に県の負担を軽減できるとの考えに言及した。「場合によっては法律改正もする」とし、県の負担をゼロとすることに関しても、県から提案があれば検討する意向を示した。

 さらに「個人的な考え」と前置きし、官民連携の枠組みで民間から資金調達する考えも述べた。

 国交省が県にフル規格を前提としない協議を呼び掛けた点に関しては「それはそれで尊重したい」と、問題視しない姿勢を示した。

 国と県の協議の結果、フル規格以外の結論になった場合の対応については「国から報告を受け、その結論に至った理屈を検討した上で、与党検討委として見解を示すことになるだろう」と述べた。一方、検討委で議論してきた経緯も強調し「与党としては、フル以外の結論はミニしかない」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加