明治時代に生まれた佐賀の民謡「梅ぼし」を歌い継ぐ「梅ぼしまつり」が26日、佐賀市松原の楊柳亭で開かれた。参加者は、味わい深い節回しや踊りを堪能し、情緒あふれる雰囲気を楽しんでいた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加