鳥栖市など2市3町の次期広域ごみ処理施設を建設、運営する佐賀県東部環境施設組合(管理者・橋本康志鳥栖市長)の定例議会が26日に開かれ、鳥栖市真木町の現予定地は水害リスクがあるとして予定地の変更を求め…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加