先日、ノートパソコンでUSB接続の外付けハードディスクが何の反応もせず、ファイルを読み込めなくて困ってしまいました。原因は、直前まで作業していたデスクトップパソコンで取り外す時に「ハードウェアの安全な取り外し」の作業を怠ったためでした。

 WindowsではUSBメモリなどの外部ストレージデバイスとシステムのやり取りの際に書き込みキャッシュを無効(クイック取り外し)にするか、有効(高パフォーマンス)にするかの設定があります。「クイック取り外し」だと安全な取り外し作業は不要ですが、「高パフォーマンス」だと安全な取り外し作業を行う必要があります。私の場合はこの設定になっていたため、ノートパソコンでエラーとなりました。

 確認する方法は、USBストレージを接続して画面左下のWindowsマークを右クリックして「デバイスマネージャー」を選択。「ディスクドライブ」から接続しているUSBドライブを右クリック。「プロパティ」から「ポリシー」タブを選択すると設定を確認することができます。(パソコンスクール経営)

このエントリーをはてなブックマークに追加