厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症について、相談や受診の目安を示している。

【相談・受診前の心掛け】

 発熱などの風邪症状がある場合は学校や職場を休んで外出を控え、毎日の体温測定を記録する。

【相談の目安】

 相談は保健福祉事務所などに設置されている「帰国者・接触者相談センター」に連絡をする。相談の目安は(1)風邪の症状や37・5度以上の発熱が4日以上続く場合(2)強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合。

 高齢者や糖尿病、透析治療を行っている、免疫抑制剤や抗がん剤などを使用している場合のほか、妊娠をしているケースは重症化する可能性があるため、二つの目安が2日程度続いた場合に相談する。子どもは目安通りの対応を勧める。

【受診の際の注意点】

 帰国者・接触者相談センターに相談後、センターから受診を勧められた医療機関を受診する。感染拡大を防ぐ観点から、複数の医療機関を受診することを控える。受診する際はマスクを着用し、手洗いや咳エチケットを徹底する。

このエントリーをはてなブックマークに追加