古川裕君

 身長175センチのひときわ目立つ体格。圧倒的な存在感の古川裕(ゆう)くん(12)は鏡山小の6年生。からつ相撲クラブに所属し、わんぱく相撲県大会、学童オリンピック、鳴戸杯少年相撲大会など数々の大会で優勝する県ナンバーワンの実力の持ち主で、国体強化指定選手でもある。

 牛乳をたくさん飲み、1日に食べる米は1升近く。優しい性格で、学校でも人気者。腕にぶら下がってくる下級生も。

 稽古は週3回。「練習はきついですが、試合後の達成感と、頼ってくれる後輩がいるから頑張れます」。尊敬する坂本清監督からは「九州や全国制覇のためにはとにかく辛抱して稽古しかない。体をどう生かすか、期待している」と、厳しくも温かい言葉が向けられた。(地域リポーター・木村加奈子=唐津市)

このエントリーをはてなブックマークに追加