「作り手八分、使い手二分」という言葉に出合ったのは4年前、唐津やきもんまつりのシンポジウムだった。唐津焼の楽しみ方に論が移った時、十四代中里太郎右衛門さんが語った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加