第四章 百折不撓(三十七) 大隈が藤花の耳元で囁く。「すまない」「ううん、いいの。その方が――」 藤花が一拍置くと言った。「いつ来るか分からない人を待つより、気が楽だからね」 ――そうか。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加